読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことばのまわりをぐるぐると♬

旧タイトル:仏語と独語の学習メモ♬

癒しの合唱曲

忙しすぎてフランス語とはご無沙汰になっています。

歌詞があると気が散るので家で聞くBGMもフランス語ではなくクラシックに偏りがちですが、合唱曲はちょっと休みたいときに邪魔にならない気がします。

例えば、映画『コーラス(Les Choristes)』のCerf-volant (凧=飛ぶ鹿)はソロのJean Baptiste君が一瞬見せるシャイな笑顔も含めて素晴らしく癒されます。

www.youtube.com

劇中では男の子しかいませんでしたが、このビデオを見る限り、音源の合唱団には女の子も結構いたんですね。

Jean-Baptiste Maunier君は声変わりのあとも歌っていて普通に上手いとは思いますが、少年時代の神性は感じられません。

神様は残酷だ。

声変わりのときって本人はどんな気分だったんでしょうか。

女性も声変わりがあるといいますが、私自身は特に自分の声が劇的に変わったと感じたことがないので、想像できません。

www.amazon.co.jp